いつから使う?妊娠線クリームを塗り始める最適な時期はやっぱり〇〇から!

付いてしまうと二度と治らないと言われている妊娠線。

…怖いですよね?妊娠線を予防するためには、専用のクリームを塗ってしっかり保湿をすることが重要と言われています。

じゃあ、いつからケアを始めればいいの?そんな疑問にお答えしていきます。

理想は、妊娠初期から

「お腹が大きくなってきたらケアしよう」は実は大間違い。

妊娠線は、柔軟性があまりない状態の皮ふが、急激に引っ張られて裂けてしまうことで起こります。

表層はなんとか伸びてもその下にある真皮や、深い組織部分が内側からの圧に耐えられずに破けてしまう現象が肉割れ・妊娠線です。

顔には毎日化粧水や乳液を付けて保湿をする人が大半だと思いますが、妊娠する前からお腹にクリームを塗り続けてきた人ってまずいませんよね。

なので、思った以上にお腹の皮ふは柔軟性がないものです。

どんなに肌なじみが良くて保湿性の良い商品を使っても、柔らかいお肌をすぐにゲットすることはできません。

妊娠線を予防するには、早め早めに…お腹が膨らむ前からが理想ですね。

お腹だけでなく、太ももや胸もチェックしておこう

『妊娠線=お腹にできる』と思いがちですが、太ももや乳房、ふくらはぎや二の腕…どこにでもできる可能性があるんです。

お腹ばかり気にしていると、ふと気が付いたらおっぱいや太ももに赤い線がびっしり入っていてショックだった!という妊婦さんもいます。

大きく膨らむから特にお腹にできやすいというだけで、体重が人によっては10キロ以上増える妊婦さんは全身しっかりケアをしておきましょう。

快適に妊婦生活を送るためのアイテムでもある

クリームを使ったマッサージは、お腹が重たくなってあちこちにマイナートラブルが出がちな妊婦さんの気分転換・リラックスタイムにもなります。

また、産後にずっとあとが残るからケアをする…という以外にも、専用クリームには『乾燥による痒みを抑えて快適に過ごすサポートをする』という役割も。

妊娠前より肌が敏感になり、更に季節によっては乾燥もするので、すっごく痒くなります。

そして欲望に任せてバリバリ掻いてしまうと…妊娠線が一気に入ってしまいます。

出産までの間ビリビリとした痒みやチリチリする痛みに耐えるのはものすごくストレスです。

ストレスは妊娠生活の大敵。

ぜひお気に入りのものを見つけてストレスフリーに赤ちゃんを迎えてくださいね。

投稿日:

Copyright© 妊娠線クリーム情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.