妊娠線予防クリームはニベアで代用できる?成分など検証しました

インターネットを検索すると、妊娠線の予防にニベア(一般的に青缶と呼ばれるもの)を使っているという口コミが数多く見受けられます。

妊娠線の予防専用のクリームも数多く売られていますが、専用商品ではないニベアでも妊娠線はケアできるのかを、成分などから検証していきますね。

ニベアの青缶はけっこう優秀!

保湿クリームとしてとても一般的なニベアですが、実は成分的にも優秀な方だったりします。

【ニベアの成分】

  • ミネラルオイル
  • ワセリン
  • グリセリン
  • 水添ポリイソプテン
  • シクロメチコン
  • マイクロクスタリンワックス
  • ラアノリンアルコール
  • パラフィン
  • スクラワン
  • ホホバ油
  • オレイン酸デシル
  • オクチルド
  • デカノ―ル
  • ジステリアン酸AI
  • ステアリン酸Mg
  • 硫酸Mg
  • クエン酸
  • 安息香酸NA
  • 香料

『ミネラルオイル』は石油由来の保湿成分。純度は高く、乾燥から肌を守る力に優れています。

そして『グリセリン』は植物由来の保湿成分です。化粧品などにも多く使われ、肌の柔軟性を高めてくれる効果が期待できます。

ワセリン(油分)も皮膚の乾燥を強力に防いでくれますね。

基本的にはシンプルなクリームで、そこにホホバ油やスクワランも加わり「保湿ケア」に関しては、成分上は力不足を感じさせません。

油分でコーティングして乾燥を防ぐタイプのクリームです。

妊娠線ができる理由

そもそも妊娠線ができる理由として、真皮がお腹の皮膚の伸びるペースについていけずに引っ張られることがあげられます。

安かろうと高かろうと化粧品は角質層までしか浸透しませんから、真皮の部分についてはある意味体質次第、お腹のふくらむペース次第というところもあります。

ただ表皮の部分に負担がかかっていないわけではないので、丹念にケアをする必要があります。

理想的には水分も油分もしっかり補給できて、肌を保護できるものがいいですね。

もともと乾燥肌の人にはうるおい不足になる?

安全性の高い数種類の油成分でできたシンプルなニベア。もともとお肌にうるおいがある人にはバッチリだと思います。

ただ、『もともとお肌が乾燥しがち』『痒くなりやすい』という人にはあまり向いていないかもしれません。

乾燥しやすい肌の持ち主なら、油分だけでコーティングするタイプのシンプルなニベアクリームよりも『浸透力が高く、乾燥をまずは補ってくれるタイプのクリーム』を使った方がよりケアできるはずです。

ニベアで妊娠線ができずに済んだという口コミは先輩ママから聞いたことがありますが、よくよく聞くとライン使いしていたり、安い化粧水と組み合わせていたりして水分補給もいっしょにしていました。

さらにニベア青缶はもともと硬めのクリームなので、手でよく温めて伸ばしたり、化粧水やオイルで少し伸ばしたほうが使いやすいです。

少なくとも乾燥しがちなお肌に強引に伸ばすような使い方はやめ、お風呂上がりの十分水分が残っている肌に使いましょう。

シンプルな組成なので使いやすい

ニベアのミネラルオイルは純度が高く安全性も高いと言われています。

そのため、自然由来の「○○エキス」がいろいろ入っているものよりは成分がわかりやすく安定しているので使いやすいでしょう。

とはいえどんな成分組成の化粧品でも合わない場合は荒れる可能性もありますから、ホルモンが不安定で肌の調子が安定しない妊娠中に使うクリームは慎重に選びましょう。

妊娠線クリームはお腹だけでなくおしりや太ももあたりにも塗ったほうがいいものなので、価格が安く大容量のニベアも悪くありません。

でも可能な限り他の保湿を併用したほうがいいので、さっと伸ばせる妊娠線クリームを塗ったあとのフタとして利用するほうがよいでしょう。

更新日:

Copyright© 妊娠線クリーム情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.